• ヘッドバナー

ポータブル植物光合成計 FK-GH30

簡単な説明:

詳細な紹介:

植物の葉が一定時間内に吸収(放出)したCO2量を測定すると同時に気温を測定することで、植物の光合成速度、蒸散速度、細胞間CO2濃度、気孔コンダクタンスなどの光合成指標を直接計算することができます。湿度、葉の温度、光の強さ、CO2 を同化する葉の面積。 この機器には、高感度、迅速な応答、強力な干渉防止、便利な操作という優れた利点があり、生体内測定と連続測定に使用できます。したがって、植物生理学、植物生化学、生態環境、農学などの多くの分野で広く使用されています。


製品の詳細

製品タグ

測定モード:閉回路測定

測定項目:

非分散赤外線 CO2 分析

葉の温度

光合成活性放射線 (PAR)

リーフチャンバー温度

葉室の湿度

分析と計算:

葉の光合成率

葉の蒸散率

細胞間CO2濃度

気孔コンダクタンス

散水効率

テクニカル指標:

CO2 分析:

測定範囲0~3,000ppm、分解能0.1ppmの温度調整付2波長赤外線炭酸ガス分析計を追加。精度3ppm。二酸化炭素測定は温度変化の影響を受けません。この機器は、安定性が高く、精度が高く、反射が敏感であるという特徴があり、二酸化炭素の差の収集を1秒以内に完了することができます。

リーフチャンバー温度:

高精度デジタル温度センサー、測定範囲:-20~80℃、分解能:0.1℃、誤差:±0.2℃

葉の温度:

白金抵抗、測定範囲:-20~60℃、分解能:0.1℃、誤差:±0.2℃

加湿:

高精度デジタル温度センサー:

測定範囲: 0-100%、分解能: 0.1%、誤差 ≤ 1%

光合成活性放射線 (PAR):

補正フィルター付シリコンフォトセル

測定範囲:0~3,000μmolm ㎡/s、精度<1μmolm ㎡/s、応答波長範囲:400~700nm

流量測定:ガラスローター流量計、流量は0〜1.5Lの範囲で任意に設定され、誤差は1%、または0.2〜1L /分の範囲で±0.2%未満、エアポンプの流量は必要に応じて設定することで、異なるガス流量下での光合成への影響​​を測定でき、ガス流量は安定しています。

リーフ チャンバー サイズ: 標準サイズ 55 × 20 mm、その他のサイズは必要に応じてカスタマイズできます。

動作環境:温度:-20℃~60℃、相対湿度:0~100%(結露なきこと)

電源:DC8.4Vリチウム電池、連続10時間使用可能。

データストレージ: 16G メモリ、32G まで拡張可能。

データ転送: USB 接続のコンピューターは、Excel テーブル データを直接エクスポートできます。

ディスプレイ: 3.5 インチ TFT トゥルー カラー LCD カラー ディスプレイ、解像度 800 × 480 (強い光の下ではっきりと見える)

寸法: 260 × 260 × 130 mm。重量:3.25kg(本体)


  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください

    関連製品